ワキ脱毛サロンの効果・体験・キャンペーン調査隊

自己処理の限界を感じ脱毛サロンい行ってみた。 2015年5月7日

10代のころからムダ毛はカミソリを使った自己処理をしていました。
元々体毛が薄いこともあり、ワキは数日に一度でも十分な感じです。
毛自体が細く、本数も少ないため目立たないのです。
しかしそのせいかあまりワキに気が回らず、ここぞというときに「あ!ワキ毛生えてる!」となるのです。
趣味のベリーダンスでノースリーブで腕を上げて踊る時に、ぴょろっと生えていた時の情けなさと言ったらありません。
VIOの毛量は人並みな感じだと思うのですが、衛生面を考えてこちらも自己処理をしていました。
デリケートライン脱毛
また20代前半の頃は特に形を整えなくてもこじんまりときれいにまとまっていたのですが、30代に差し掛かったころから毛の生えている面積が増え、なんだか野性味あふれる感じが気になるようになりました。
こちらもカミソリで処理していたのですが、デリケートな場所だけにカミソリ負けや処理後数日で起こるチクチクに不快な思いをすることも多く、いつも悩みの種でした。
そんな時インターネット広告でちょいちょい見かけるようになったミュゼの広告が気になるように。
でも勧誘とかコワイし、と気にしないようにしていたのですが、友人が脱毛に通いだした話を聞くと、やってみたい気落ちがむくむくと膨らみます。
友人から強い勧誘はなかったよ、との情報をもらい、ついでにネット予約でワキとVラインの美容脱毛完了コースが250円という広告を見て、決心します。

脱毛処理
強い気持ちをもって勧誘は断る!250円なら損することはないだろう!
まずは試してみよう!と思ったのです。
店舗でのカウンセリングを経てワキとⅤラインの美容脱毛完了コースを契約、当初心配してた強い勧誘もなくホッとします。
本当に250円でいいんだと嬉しくなる半面、こんなに安くていいんだろうかと申し訳ない気持ちにも。
これで満足する結果になったらきっと膝下とかやるからね!と心の中で言い訳しつつサロン通いが始まります。
結果としては、現在までに3回程度通いましたが、もうすでに膝下とかやりたくなってきています。
もちろんまだそんなに毛が薄くなったとか、毛量が減った、というわけではないんですが、施術後しばらく続く無毛の期間がとってもラク!なのです。
施術中はちょっと恥ずかしいし、痛いの我慢しなくちゃいけないけど、それを補って余りある魅力がサロン脱毛にはありました。
あと数回行ってみて、本格的に膝下と残るIOラインの脱毛を考えたいと思っています。

自己処理の限界を感じ脱毛サロンい行ってみた。 はコメントを受け付けていません。